専門店で購入できる隠しカメラは様々な場面で役立ちます

サイトマップ

デスク

動体検知できる隠しカメラなら必要なときだけ撮影できます

最近の小型カメラはメモリ容量が増えてきたので、たくさんの時間撮影してもそれほど容量を気にすることはありません。しかし、あまりに長時間撮影しているとメモリがあとわずかといったケースが出てきてしまいます。そうならないためにも必要なときだけ撮影できる動体検知の隠しカメラを用意しておくと便利です。お店に設置されている監視カメラの録画は一定時間過ぎると上書きされるようになっています。一般のカメラの場合だとメモリ制限に来てしまえばそれまでなので、長時間撮影するなら動きを察知したときだけ録画できる種類にした方が効率的です。隠しカメラにはどんな種類があるのでしょうか。部屋を監視するなら、火災報知機型や電球型など天井に取り付ける種類が防犯カメラとして役に立つでしょう。モバイルバッテリーに小型カメラを内蔵しているのもあるので、机の上に置いておけば気付かれずに撮影を行うことができます。隠しカメラ専門店で購入すれば、カメラを仕込んである身近にあるようなグッズを簡単に手に入れることができます。また、お部屋のインテリアに合わせて選ぶことも可能です。ライター型やキーレス型なども古くから愛用者がいるカメラで、売れ筋ランキングのトップに入っています。動体検知できる種類にしておけばメモリやバッテリーなどを節約することができます。

オフィスの中を監視するなら隠しカメラを設置しよう

オフィスで机の上に置いてあるものを誰かにいじられていると感じたり、引き出しの中を開けて見られているのではないかと感じたら、隠しカメラを設置しておくと不在の時の様子がわかります。あまり目立つタイプのカメラだとすぐにわかってしまうので、隠しカメラ専門店でなるべく目立たないカメラを購入して、設置しておくのがいいです。机の上にノートパソコンがあればUSBメモリタイプの隠しカメラが目立たなくて好評です。普段はオフの状態でカメラの前に誰かが来たときにオンになるように設定できます。暗視カメラなら真っ暗な状態でもしっかりと撮影してくれます。残業しないで帰ったときや自分より早く出勤してきた人に机の上をガサガサ見られたときに、監視カメラが機能してくれます。引き出しに鍵がないときはボールペン型のカメラを置いておけば、開けたときに相手の顔を撮影することも可能なので犯人が誰かわかります。ロッカーに鍵がない会社だったり鍵があっても使わせてもらえない場合は、ハンガー型のカメラをロッカーにかけておくのも効果的です。オフィスで使える小型カメラには、たくさんの種類があります。必要に応じてメモリ型やボールペン型、ハンガー型などを設置しておくと、犯人が誰かわかるでしょう。

友達を家に招くときは隠しカメラがあると盗難防止に役立ちます

友達をたくさん家に招いてパーティーを行ったり大掃除を手伝ってもらうとき、物を盗まれる事を防ぐために監視カメラを設置しておくのがおすすめです。あの場所に置いてあったはずなのに無くなってしまった場合は、家に来た誰かを疑わなければなりません。証拠がないと関係ない人まで疑うことになってしまいますが、隠しカメラで監視しておくとすぐに誰が犯人かがすぐにわかります。特に大掃除を手伝ってもらうときはいらない物と思って捨ててしまうこともあるので、どの段階で無くなったのか確認することができます。時計型の隠しカメラがあれば壁にかけておくだけで、よく撮影することができます。広範囲を撮影できるので、部屋全体を映し出せます。モバイルバッテリーの小型カメラがあれば、その辺に置いていても違和感がないので怪しまれません。移動するときもモバイルバッテリーを持ち歩けば、怪しい人のそばに置いて確認しながら監視することができます。隠しカメラ専門店には、どこにレンズがあるのかわからないグッズが豊富に用意されています。充電が気になるならコンセントに差し込むタイプも監視カメラとして使えます。多種多様な使い方ができるので、設置場所に悩むことはありません。操作方法も簡単なので初めてでも使いこなせます。

店の防犯対策として隠しカメラを設置しておきましょう

腕時計

隠しカメラを使って自分の日常を振り返りませんか?

SDカード

留守にしているときの様子がわかる隠しカメラ活用術

眼鏡

色々な面で進化している隠しカメラ

カメラ